本文へスキップ

注目記事

   
文書作成日:2016/12/20
給与の支給が翌月の場合

[相談]

 給与が12月末締めで翌年1月10日に支給される場合は、その支給額を年末調整に含めて計算するのでしょうか?


[回答]

 年末調整は、支給が確定した給与、つまり、もらう従業員からみた場合、収入が確定した給与について対象となります。従って、上記の場合は、1月10日に支給が確定しますので、翌年の年末調整に含めて計算されることになります。

 また別に、12月25日締めで、末日払いの給与だったケースを考えてみます。このケースにおいて、たまたま末日の資金繰りが悪く、実際の支払いが翌年1月5日になってしまった場合は、支給が確定するのが末日であるため、末日において未払いであったとしても、本年の年末調整に含めて計算します(所法190)。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
   








事業承継相続病院・クリニックの皆様へ税務調査会社設立開業支援ISO9001:2008認証についてやさしい税務会計ニュース旬の特集経理総務書式集


やまぐち男女共同参画推進事業者


木下社会保険労務士事務所


木下行政書士事務所


経営革新等認定支援機関


お客さまとリンク


スタッフブログ


ペコちゃん



2014年営業日カレンダー




事務所情報事務所情報

木下税理士事務所

〒755-0013
山口県宇部市明治町1-8-11
TEL.0836-31-3336
FAX.0836-31-3357